So-net無料ブログ作成
検索選択

岡山県が独自の学力テスト 中1を対象、平成23年度から(産経新聞)

 岡山県教委は18日、平成22年度当初予算案の教育関連事業について発表した。

 退職教員を教員の研修に派遣し指導力向上を図る「教科指導の匠活用事業」に393万円を計上したほか、県内の中学1年全生徒を対象に平成23年から県独自で学力テストを行う「学力・学習状況調査事業」に1298万円、8月開催予定の「全国中学校体育大会」に1980万円を充てた。

 一方、家庭教育支援事業の「子育ち・親育ち応援事業」はこれまでの国庫負担割合が大幅に減額された影響で前年度の1515万2千円(国庫負担分約1400万円)から、今年度は465万円(同約126万円)に大幅減額された。

【関連記事】
全国学力テスト178校抽出、栃木2市が不参加の意向
学力テストで鳥取知事、抽出方式を批判 「確認手段なくなる」
女子中生の3割「運動しない」 子供の運動、二極化 文科省調査
日本の教育を憂う 学力テスト見直しで「競争は必要だ」
北教組家宅捜索 日教組の牙城、突き上げ放題 

<室温調査>北国ほどぽっかぽか 1位北海道、2位青森(毎日新聞)
<雑記帳>ストップ温暖化『一村一品』 鳥取県北栄町が受賞(毎日新聞)
マータイさん MOTTAINAIショップを訪問(毎日新聞)
押し入れにライター、幼児の火遊び原因か 練馬の火災(産経新聞)
過労で発症、2億円弱賠償命令=元飲食店店長、意識不明で寝たきり−鹿児島地裁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。